My Best Loan ローンの見直し

返済が困難だと感じた場合には早めにローンの見直しを。

月々の住宅ローンの返済金額の目安

住宅を購入する時に、ほとんどの人が住宅ローンを利用します。借りる金額と期間によって、月々の支払金額が決まります。同じ支払金額であっても、年収によって負担と感じる度合いが変化します。

「住宅ローンの年間返済額÷年収×100」が25%以下ならば借入可能な金額といわれています。しかし、生活状況や家族構成などによって、これがすべてあてはまるとは言い難いです。

家計の状況も、家庭によって違いますので、支払うことになる可能性のある金額(この中に現在支払っている住居費を入れたもの)を差し引いて、実際に数か月生活してみると、住宅ローンがどのくらいの負担になるのかが実感できていいのではないでしょうか。

住宅ローンの節税のポイント

住宅ローンと節税の関係性については、とても重要な事柄として位置付けられることがあり、税務上の手続きをスムーズに進めるうえで、住宅の購入時に税理や会計士などの専門家からアドバイスを受けることがおすすめです。

最近では、住宅ローンの返済プランの選び方に興味を示す人が目立ちますが、同時に担当のスタッフと返済期間の長さについて話し合いをすることがとても大事です。その他、実際に節税に取り組んでいる人の体験談に目を通しておくことによって、多忙な社会人であっても、理想的な住宅ローンを契約することができるようになります。

住宅購入に住宅ローン以外に必要なつなぎ融資

住宅ローンは、住宅が建築確認申請通りに施工された事を確認する完了検査及び新しい住宅に住民票を移動後に融資実行されるのが基本です。

しかし、住宅に購入では着工前に土地購入の決済や住宅建築の契約金などを支払う必要があり、上棟時には中間金や住宅の引き渡し時の決済金などが必要となる為、住宅ローンを担保にして融資実行までの短期間つなぎ融資が組まれる事が多々あります。

つなぎ融資は、一般的に土地取得時や住宅竣工時の引渡金には必要額の100%まで融資が可能ですが、住宅着工時の着手金や住宅建設の中間金に対しては建物請負金額の30%まで融資が可能です。

住宅ローンの実情について

昨今においては「貧困老後」や「老後破産」などの言葉が取り沙汰され、住宅ローン破綻をする人が急増していると言われています。家の購入においては、一生の買い物とされ多くのお金が必要となります。

住宅を購入する場合において多くの人が利用するのが住宅ローンですが、選び方や計画を失敗してしまうと、ローン地獄に陥ってしまう可能性すらあります。そのようにならないためには、身の丈にあった住宅購入がベストとなり、住宅のローンについても現実味のある計画をすることがより重要となってきますので、専門家であるファイナンシャルプランナーに相談してみるのもいいでしょう。

住宅ローンの検討方法

住宅を購入するほとんどの人が、住宅を購入することを目的としたローンを使用することでしょう。そのようなシーンにおいて無理な計画や、多額の住宅ローンの契約をしてしまったがゆえに、住宅ローン破綻を余儀なくされてしまう人すらいます。

家を購入するのは人生で最大の買い物とも言えますから、入念な計画とリサーチ力が必要とされます。金利一つとっても変動金利や当初固定金利、全期間固定金利などの種類があり、初心者にとっては判断するのもむずかしいと言えます。わからない場合には専門家に教そわり、しっかりと考えていくことが大切です。

住宅ローンの借り換えに関する関連記事

住宅ローンの借り換えなどについての情報。