My Best Loan ローンの見直し

返済が困難だと感じた場合には早めにローンの見直しを。

ローンの支払いに執着しない

ローンを組んで「モノ」を購入するときに、無理のない支払い金額だったが、年々状況が変化していき、だんだん無理をしなくては支払えないものになっていくことがあります。

金銭的に余裕がなくなり、ローンの支払いのことばかりで頭がいっぱいになり、生活することが苦しくなってしまいます。

そんなときには、「ローンを組んで手に入れたもの」を手放す勇気が必要です。精神状態を壊してまで執着しなくてはいけない「モノ」は何もありません。苦しいと感じたら、何が自分を苦しめていて、本当に必要なのは何なのかを見つめ直すと良いでしょう。

ローンの返済がきつい場合は弁護士に相談を

何かとお金が必要な昨今、ローンでお金を借りたことがあるという方は多いと思います。

きちんと計画を立てて返済できている場合は問題ないでしょう。しかし様々な事情でローンの返済が困難となった場合、そのまま放っておくのは得策ではありません。最悪の場合借りた分のお金を一括請求されることもあります。

でも自分一人ではどうにもできない…。そんなときはまず、弁護士にローンについて相談をしましょう。相談をすると債務整理を行うことになるのですが、この債務整理を行うと借金の額を減らすことができるのです。その他にも、今後の金利をなくし元本のみを返済していく方法や場合によっては自己破産(借金の返済が不要となる)を選ぶことも可能となります。

お金の問題は、一人で悩んでいてもなかなか解決しないものです。ローンの返済が難しいと思ったら、なるべく早めに弁護士に相談するようにしましょう。

逆算の発想でローンを考え直してみる

ローンによってどのくらいの金額を借りることができるのかを考える際には、全体を逆算してみる方法があります。

通常の考え方では、何かの商品が自分の目に留まり、その商品が高額なためその金額だけをローンで支払いたいという希望が全面的に出て来ます。そのままの流れで進めば、契約をして支払いをし続けることになります。

この方法でも十分に支払いができれば問題はありません。ただ、ローン契約をする部分で少し冷静に支払時の様子を考えることも大切です。全体の金額から支払い回数もおよそで考えるだけで、無理をしない支払いができるようになります。

ローンがある場合の自己破産について

ローンがある場合の自己破産は、残債も含めて全て返済が不要となります。通常、考えられるパターンとしては、住宅などの不動産と車がありますが、まず、不動産の場合は抵当権が付いているために、破産が受理された場合には抵当権設定者に所有権は移転し、借金は帳消しとなります。車も同様になりますが、この場合、借入形態によっては所有権がローン会社ではなく購入者本人になっているケースがあり、当然、借金は帳消しになるものの、破産手続自体は管財事件扱いとなり車両は所有資産として処分され、債務に充当されることになります。

住宅では、返済原資が見込める場合には個人民事再生を申し立てる方法もあり、ここではローンがあっても法的に債務額を圧縮することができるために、住宅を残すことが可能となります。

債務整理後の住宅ローン借入れについての豆知識

債務整理後は、銀行を相手にする住宅ローンの借入れについても信用情報の問題が絡んできます。 それに加え、住宅ローンに関してはその借入れ額も高額となる場合がほとんどですから、信用情報以外にも現在の収入や勤務先の規模などが審査の条件に追加されます。

以前の債務を完済してから一定期間が経過しており、更に先に紹介した収入状況などの条件も満たしていれば審査に通る可能性は高くなるはずです。しかし、過去に消費者金融での債務整理を行っている場合には、そのグループに対し新たに借入れを申し込むことはしない方が良いと言えるでしょう。

ローン但馬は但馬信用金庫

但馬で住宅ローンなら但馬信用金庫

豊岡市中央町17-8

豊岡、美方、養父、朝来、福知山、京丹後市

http://www.tanshin.co.jp/atm/
(代表)0796-23-1200

ローンに関する関連記事

自分に合ったローンの見直しについての情報。