My Best Loan ローンの見直し

返済が困難だと感じた場合には早めにローンの見直しを。

2通りの住み替えと住宅ローン

豊岡の住み替えは、現在の住まいの売却益による弁済で返済しきれない現在の住まいの住宅ローンの残債がある場合、残債を新しい住まいの住宅ローンと合わせて融資して貰う必要があります。

しかし、今住んでいる家を先に売却した後で新しい家を購入する売り先行と新しい家を購入した後で前に住んでいた家を売却する買い先行の2通りがあります。売り先行は、現在の住まいの売却益が確定してからなので資金計画にズレが生じ難いメリットがありますが、買い先行の場合は売却益をしっかりと見極める必要があり、ローンと不動産契約に詳細な特約条項をつけておく必要があります。

住宅ローンと延滞時の対応について

住宅ローンの延滞時の手数料の相場については、それぞれの金融機関のシステムによって、大きなバラつきが出ることがあるため、早期に色々な立場の人の助言を受けることが大事です。

また、住宅ローンの貸付金利や返済期間に関しては、一般の消費者にとって、すぐに把握をすることが難しいといわれていますが、いざという時に備えて、便利な知識を身に着けることがコツとして挙げられます。

住宅ローンのサポートの良しあしについては、すぐに理解を深めることが難しいとされ、常に役立つ情報をキャッチすることが望ましいといえます。

住宅ローンは差し押さえられないよう

念願のマイホーム購入がかなったというのに、無理な返済計画を立てたがゆえに支払いが滞り、督促状が来ても支払えないような人は多くいるようです。住宅ローンが払えない場合、預貯金口座を凍結されたり、債権者から差し押さえが執行され家は競売へかけられてしまいます。

せっかく夢を実現したというのに頓挫してしまうというのは悲しいものです。住宅ローンを組む時は長い目でみて、返済能力に合った返し方を心がけましょう。特にお子さんがいる場合など、教育費との兼ね合いも考慮したいところではないでしょうか。そして、老後の計画もしっかり念頭に置いてください。

住宅ローンの審査にかかる時間

住宅ローンを組もうと思って、審査にかかった場合にできるだけ早く結果を知りたいものですよね。住宅ローンの審査には2段階あり、即日から1日で結果が出る仮審査と、仮審査に受かった人がさらに細かく銀行がチェックするために本審査に行くことになります。

借入をするためにはこの本審査に通る必要があるのですが、基本的には1週間から2週間かかると思っておいてください。逆に2週間を過ぎても何も返信がないような場合には審査が難航しているということですので、通らない可能性も覚悟しておいた方がいいかもしれません。かなり細かくチェックされますので、1週間までは気軽に待ってみましょう。

忘れてはいけない住宅ローン以外の諸経費について

住宅を購入するにあたって、購入額以外に諸経費がかかることを忘れてはいけません。新築の場合なら、一般に3パーセントから7パーセントの諸経費が上乗せされているようです。固定されている税金や登記費用、また保険や引っ越し代、家具の新調など、経費を抑えられるものも含まれます。

また住宅ローンの商品によって、保証料が無料の場合もあれば、金利に上乗せされるものもありますので良く確認してください。また民間の銀行であれば団体信用生命保険に加入する必要がありますが、すでに金利に含まれているものか、もしくは金利に上乗せされるか、確認しておく必要があります。

住宅ローンの借り換えに関する関連記事

住宅ローンの借り換えなどについての情報。