My Best Loan ローンの見直し

返済が困難だと感じた場合には早めにローンの見直しを。

税金対策としてのローンとは

ローンを借りることは税金対策になることがあります。

たとえば、法人でローンを組んで決算を赤字にするのです。資産よりも負債が多くなれば、税金が安くなります。

このように、ローンを組むことが税金対策になることがありますので、但馬地方の豊岡にある銀行に問い合わせてみるとよいでしょう。担当者はあなたの財務状況に合わせてアドバイスをしてくれます。金融のことが分からないのであれば、なおさら専門家の力をかりてください。

但馬地方の豊岡にある銀行には、ベテランのスタッフがいますので信頼して任せることができます。気になることはどんなことであっても聞いてみてください。

ローンの名義変更する場合

ローンの名義変更は基本的には相続の時になります。残債があり、相続人が引き継ぐときに名義変更をすることになります。

もしくは変動金利や固定金利の10年ローンの期限が終了して、まだ残債がある場合には金融機関の要請によって必要に応じて債務者を追加したりする場合もあります。破産や民事再生の時には管財人が財産を管理することになり、管財人や財団名義に変更されることになります。

不動産の登記手続きをすることになりますから、別途登記費用がかかります。ローンの残債によって登記費用が変わります。金融機関の手続き料なども発生します。

ローンのグレーゾーン金利とは?

ローンのグレーゾーン金利というのは、利息制限法の上限を超えているが、出資法の上限は超えていない金利のことです。現在の出資法の上限は年20%となっているので、グレーゾーン金利の問題はほとんど起きませんが、昔の出資法の上限は29.2%となっていたので、この問題が起きていました。

過払い金返還請求の時効は10年なので、現在でも過払い金の返還を求める訴訟は起きています。ローンを借りる時には、利息制限法が守られているということは確認しておいたほうがよいでしょう。銀行や知名度の高い消費者金融では安心できますが、知名度の低い中小規模の消費者金融の中には、違法な業者も混じっています。

ローンに関する優遇とは

冠婚葬祭や医療費など、人生において急な出費は避けられません。そのため、金融機関からローンを組んでお金を借りるということは普通であり、それも一度きりでなく何度か借りる場合もあるでしょう。何度かお金を借りて、その度にきっちりと返済をしていれば、ローンを組む際に優遇してもらえることがあります。

たとえば、金利を低く設定することで利息を安くしたり、借り入れ限度額を上げてもらったりなどが挙げられます。これは、金融機関との信頼関係が大切なので、たとえ一度優遇を受けたとしても、信頼関係を維持することが大切です。

住宅ローンの組換えについて

住宅ローンの組換えについては、その旨を申し出た場合に、すべての金融機関で応じてもらえるわけではありません。融資先の金融機関としては、現在の金利よりも低い金利に切り替えられた場合には利益が減ってしまうため、容易には応じられないというのが一般的です。

保有している住宅などの不動産については、その価値をよく判断し、担保価値に見合う水準にまで住宅ローンの支払いを済ませ、残債を少なくしておくことが重要です。住宅ローンの組換えは容易ではない、ということを強く認識し、不動産の価値と残債のバランスを考えることが大切です。

ローン但馬は但馬信用金庫

但馬で住宅ローンなら但馬信用金庫

豊岡市中央町17-8

豊岡、美方、養父、朝来、福知山、京丹後市

http://www.tanshin.co.jp/atm/
(代表)0796-23-1200

ローンに関する関連記事

自分に合ったローンの見直しについての情報。